バーコードバトラーズの「卑怯!ハイキック!」

アクセスカウンタ

zoom RSS oasisをフジロックで見た!(映画館だけど)

<<   作成日時 : 2017/03/06 17:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

映画「oasisフジロック2009」行ってきました。

今回の映画館でのライブは、チケットは一応抽選で、全席指定でした

で、まず完売は無いだろうと思いながら30分以上前から座席についていたのですが、当然隣には誰もいないわけですよ。

普通映画館で見る時って、封切り後の話題作でもない限り、横隣りは空いていて、その座席にコートとか置くじゃない?

それが、指定席で抽選なもんだから、中段の3〜4列ぐらいの場所だけ、ビシーっと綺麗にうまるわけです。

かなり不思議な感じですわ。

さて、ファンなので楽しませてもらったのだが、どうなんだろう

映画館でライブを観るというのは初めてだったのだが、何せ音が小さい。

日頃からライブハウスによく行く側とすれば、見終わった後の耳がバカになったようなあの感覚などない。

低音が子宮に響くようなあの感覚が無いのだ(子宮ないけど)

まあ、これはoasisのせいじゃないけどね。

でも、やっぱりレスポンスできなかったり、oasisの「みんなの歌」を唄えないのはなかなか悲しい。

3曲ぐらいから音量が小さいのに慣れたのか、はたまた音がデカくなったなったのかはわからないが、気にならなくなった。

まず思ったのは、oasisのドラムってあんなかっこよかったけ?ってこと

oasisドラマー史はトニー、アラン、ザックときて、最後にクリスなんだが、一番かっこいい。

彼って元ラーズなのね。

ってかラーズのライブなんて観た事ないけどさ

基本oasisは突っ立ってプレイするのが基本なんだが、彼は違う。

暴れる暴れる・・!

まるでラクリマのレビンかってぐらいスティック廻します!

で、テンションあがりまくってるもんだから落としまくります。

ですが、初期oasisのパンク色は初代ドラマーのトニーが下手くそだったからoasisをパンク色に染めたのだが、

キャリア終盤のoasisのライブが熱いのは彼のお蔭かなという気がします

だって、ゲムもアンディもあんまし映らないもん

oasis最後のライブツアー行って来たけど、今回のセットリストはやはりフェス向けの内容だった。

雨のフジロックはとても神秘的でかっこいい

だが、なにせリアムの声の調子が悪かった。

調子の悪いリアムに変わり、さすがプロフェッショナルだったのはノエル。

途中ギターソロ怠けてるなってところもあったけどさすがだわ。

ドントルック〜のアコースティックアレンジも、バンドでやれや!って思ったけど、かなり良かった。

まあ、喉の調子は最悪だったけど、やっぱりリアムは最高にかっこよかった。

あ〜来日行けるかな〜。

アルバムタイトル決まったし・・・。

ちなみに、コレ今回のセットリスト。

1. Fuckin' In The Bushes
2. Rock 'n' Roll Star
3. Lyla
4. The Shock Of The Lightning
5. Cigarettes & Alcohol
6. Roll With It
7. Waiting For The Rapture
8. The Masterplan
9. Songbird
10. Slide Away
11. Morning Glory
12. My Big Mouth
13. Half The World Away
14. I'm Outta Time
15. Wonderwall
16. Supersonic
17. Live Forever
18. Don't Look Back In Anger
19. Champagne Supernova
20. I Am The Walrus

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
oasisをフジロックで見た!(映画館だけど) バーコードバトラーズの「卑怯!ハイキック!」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる